中皮腫・じん肺・アスベストセンター

 中皮腫・じん肺・アスベスト センターは、アスベスト(石綿)の吸入から約40年たって発症する胸膜中皮腫・腹膜中皮腫・心膜中皮腫・(アスベスト関連)肺癌・石綿肺(アスベスト肺)等のご本人やご家族の全国的相談窓口として、環境へのアスベスト(石綿)飛散の全国的相談窓口として、アスベスト(石綿)の調査・研究団体として、2003年に発足した民間の非営利団体です。

 皆さんの御相談を受けた職員が可能な限りアドバイスを無料で行い、必要に応じて運営委員である医師や弁護士や建築物石綿含有建材調査者等の専門家に相談し、被災者団体、全国の支援団体と協力して活動してきました。2018年3月段階、労災関連で継続してご相談を受けた累計が992名(中皮腫394名、肺がん195名、労災認定の累計は301名)となりました。各産業・教員・自治体職員・建物の吹付け石綿による中皮腫等の初業務上認定事案を経験し、日本で初めての中皮腫・肺がん事案の裁判に勝訴して参りました。建設工事関連の違法改築・解体工事の事前防止や事後解決にも尽力し、建築物の調査や煙突用石綿断熱材について提言、再生砕石の危険も明らかにする取り組みを行って参りました。

 そうした経験が評価され、2016年に第31回東京弁護士会人権賞を受賞しております。

 いつでも、お気軽にご相談ください。

最新のお知らせ

2020年1月1日
2020年も石綿(アスベスト)関連法規の抜本改正の活動に引き続きご協力をお願いします

石綿(アスベスト)は、極めて強力な発がん物質です。石綿製造業や建設業等で石綿にばく露(呼吸により粉じんを吸い込む)した人に大きな被害が発生、建材として私たちの身の回りに大量に残され、除去と解体の際に発がん物質が飛散し、被害が拡大する恐れがあります。

日本は、石綿の調査、管理、除去、廃棄という発がん物質の取扱いの法規制が不十分で、労働者、住民と建物利用者の石綿ばく露が続きますが、法規の管理と罰則が不十分で業者は罰せられることはまずありません。英国や米国の先進国は、建物所有者の調査義務、公的な資格制度、石綿関連作業のライセンス制、強力な罰則と技術的資格で厳格な管理をしています。2019年11月厚労省と環境省の委員会は私たちの主な要望が反映されない案となり、2020年以降の懸念が高まっています。

私たちは、建設アスベスト訴訟全国連絡会、職業性呼吸器疾患有志医師の会、石綿対策全国連絡会議、東京労働安全衛生センターと共に「アスベスト関連法規の抜本改正」を求める署名活動に取り組み、多くの皆様のご協力で2019年11月6日まで29900筆の署名を厚生労働省・環境省・国土交通省に提出、署名活動は終了しました。

2020年に大気汚染防止法改正案が国会に提出予定で両院環境委員会審議、法に基づく規則やマニュアル検討委員への働きかけ等が必要です。私たちは石綿飛散防止のための活動を持続してまいります。皆さんのご支援をよろしくお願いいたします。私たちの主な要望については、是非リーフレット(PDF)をご覧ください。

〒136-0071 東京都江東区亀戸7-10-1 Zビル5F 中皮腫・じん肺・アスベストセンター

2020年1月1日
あけましておめでとうございます。

昨年中は、多大なご支援を賜り誠にありがとうございました。

私たちは2020年も、全国の被災者の方々からのご相談に対応し、環境飛散の予防活動、訴訟のご支援、調査・研究活動、患者と家族の会の事務局活動、アスベストの歴史をつなぎ未来を拓く活動、機関紙による広報活動に邁進してまいります。

本年も皆様のご支援を何卒宜しくお願い申し上げます。