建設アスベスト給付金制度について

制度の概要、申請方法などについて詳しくはこちら
詳しくはこちらをご覧ください

中皮腫・じん肺・アスベストセンター

 中皮腫・じん肺・アスベストセンターは、アスベスト(石綿)の吸入から約40年たって発症する胸膜中皮腫・腹膜中皮腫・心膜中皮腫・(アスベスト関連)肺癌・石綿肺(アスベスト肺)等のご本人やご家族の全国的相談窓口として、環境へのアスベスト(石綿)飛散の全国的相談窓口として、アスベスト(石綿)の調査・研究団体として、2003年に発足した民間の非営利団体です。

 皆さんの御相談を受けた職員が可能な限りアドバイスを無料で行い、必要に応じて運営委員である医師や弁護士や建築物石綿含有建材調査者等の専門家に相談し、被災者団体、全国の支援団体と協力して活動してきました。2018年3月段階、労災関連で継続してご相談を受けた累計が992名(中皮腫394名、肺がん195名、労災認定の累計は301名)となりました。各産業・教員・自治体職員・建物の吹付け石綿による中皮腫等の初業務上認定事案を経験し、日本で初めての中皮腫・肺がん事案の裁判に勝訴して参りました。建設工事関連の違法改築・解体工事の事前防止や事後解決にも尽力し、建築物の調査や煙突用石綿断熱材について提言、再生砕石の危険も明らかにする取り組みを行って参りました。

 そうした経験が評価され、2016年に第31回東京弁護士会人権賞を受賞しております。

 いつでも、お気軽にご相談ください。

建設アスベスト訴訟
アスベスト問題を語り継ぐ連続講座
アスベスト濃度測定
省庁との交渉
アスベスト関連放棄の抜本改正

最新のお知らせ

2022年9月8日
東北訴訟第2陣 第1回期日開かれる

2022年9月8日、仙台地方裁判所(高橋彩裁判長)において、建設アスベスト東北訴訟第2陣の1回目、東北訴訟第1陣の10回目の期日がありました。

第2陣は宮城・山形・福島の被災者6名(原告8名)、第1陣は青森・岩手・宮城・山形の被災者7名(原告10名)で、アスベストセンターの会員皆さんも声をあげています。

2陣の第1回期日では原告の本田正幸(ほんだ まさゆき)さんと小野寺義象(おのでら よしたか)弁護団長が、1陣の第10回期日では太田伸二(おおた しんじ)弁護団事務局長が、それぞれ意見陳述を行いました。

建設アスベスト東北訴訟第2陣

本田正幸さんは、1971(昭和46)年に宮城県の電気工事会社に電気工事士として入社し、2016(平成28)年に原発性肺がんと診断されました。

 

意見陳述では、肺がんと診断された時に感じた心情として、
「肺がんは仕事が原因だったということでショックもありました。アスベストについて対策がなされていれば、ある程度の納得もあったかもしれませんが、何の対策もないまま、アスベストが舞う現場で長い時間を過ごすことになってしまっていたのです。」
と話しました。

そして最後に、
「古い建物に残されたアスベストの全撤去と一刻も早いアスベスト被害者の救済を強く、強く願います。」
と訴えました。

建設アスベスト東北訴訟第2陣

期日終了後の報告集会では、小野寺弁護団長が、「アスベスト建材メーカーは最高裁判決を受けても和解に応じようとしない。この状況を打破するために6月7日に全国で一斉に提訴した。今日は、その東北訴訟の第1回目となる。今日は建設アスベスト被害の深刻さ、全国の裁判の到達点と課題について意見を述べた。全国的にもいよいよ重要な局面に入ってきており、今後も報道ならびに支援をお願いしたい。」と話し、勝訴に向けた決意を新たに語りました。

建設アスベスト東北訴訟第2陣

また、東北訴訟1陣では、原告の一部で未だ国との和解が成立しておらず、被告メーカーからは新たに反論の書面が出されています。

この点について太田弁護団事務局長は、「国には原告側の対応を話したところ。引き続き和解を求めていく。また、メーカーから出された書面については反論していく。」と話しました。

次回期日は、3月13日(月)、1陣は15時から口頭弁論、第2陣16時から仙台地裁で行われます。

そこまでの期間、裁判所と弁護士との間では、進行協議期日があり、裁判の進行について細かな点を調整していくことになります。

アスベストセンターは、原告を含む被災者と弁護団とともに、被告の建材メーカーが責任を果たすまで、訴訟という形で責任を追求していきます。

2022年7月4日
連続講座第4回の反訳を掲載

アスベスト問題を語り継ぐ連続講座 第4回の書き起こしを掲載しました。ビデオの内容を文字でお読みいただけます。