中皮腫と診断された場合【中皮腫の約80%は職業性ばく露 】

When Diagnosed as Mesothelioma

あなたやあなたの大切な方が「中皮腫」と診断されてから、労災保険(労働者災害補償保険制度)への申請はされましたか?

中皮腫の公的な補償制度は、アスベスト(石綿)健康被害救済給付だけと思っていませんか?


中皮腫の約80%は、職業によるアスベストばく露(アスベスト粉じんを吸入すること)だと言われています。

業務上、アスベストにばく露し、それが原因でアスベストにより病気にかかったり、亡くなられた場合には、労災としての認定を受ければ、労災保険から給付を受けられます。


私たちが過去1千人以上のご相談を受けてきた中で、

  • 本人は知らなかったけれども、実は仕事でアスベストを扱っていた
  • アスベスト粉じんの飛散する環境で仕事をしていたのに、そのことに気づかないでいる
  • 中皮腫の公的な補償制度は「アスベスト(石綿)健康被害救済給付」だけだ、と思い込んでいる
  • アスベストばく露が何十年も昔のことなので、手続きできないと思っている
  • 自分は雇用されたことがない(労働者ではない)と思っている
  • 1年未満のアスベストばく露なので、手続きできないと思っている

など、その他様々な理由から、労災申請を諦めて(もしくは申請できることを知らずに)いた方が少なからずおられました。


そして、そういった方の多くが、後日、労災認定を受けることができました。


もし、あなたやあなたの大切な方が中皮腫と診断され、まだ労災申請をしていないのであれば、一度私たちにご相談ください。


また、国賠や損害賠償請求(訴訟)のご相談も受け付けております。


〜中皮腫の場合 アスベストセンターへ相談するまで〜

医療・健康相談員の
ご紹介

事務局次長
斎藤 洋太郎(さいとう ようたろう)

母と妻が、労災患者です(脳卒中と脊髄損傷)。趣味は、日本を含む東亜の文化です。被害者・家族の人権を守りましょう。

斎藤洋太郎


事務局員
尾形 海子(おがた ひろこ)

お困りのこと、ぜひご相談ください。「医療機関からCTやレントゲン写真を借りたいが、借り方がわからない」ときや「監督署へ相談に行きたいが、どう説明したら良いかわからない」ときなど、現場で皆さんのお手伝いができればと思っています。

尾形海子