建設アスベスト訴訟ニュース号外
2020年12月16日号

Construction-Asbestos Lawsuit News

2020年12月3日
【速報】建設アスベスト訴訟 国の賠償責任確定・一人親方救済へ

建設アスベスト訴訟・東京1陣(東京高等裁判所2018年3月14日判決)の上告審で、最高裁判所の第一小法廷(深山卓也裁判長)は、12月14日付で国の上告受理申立に対する不受理決定及び一審原告側の建材メーカーに対する上告受理申立の受理決定をし、あわせて弁論を2021年2月25日に開く旨が決まりました。

今回、国の上告受理申立が不受理となったことから、いわゆる「一人親方」と呼ばれる個人事業主を含めて勝訴した高裁の判断が維持され、国の責任が確定したといえます。

なお、国の違法期間について高裁は、1975年10月1日から2004年9月30日までとしており、残念ながら、屋外作業者に対して国の責任を認めていません。

また、1審原告側の上告受理申立が受理されたことから、最高裁では、建材メーカーの責任が全面否定された高裁判決が見直される可能性があります。

今回の決定は、同種の「建設アスベスト訴訟」に関する裁判所の審理や今後の補償を巡る議論に大きな影響を与えるものと思われます。


電話相談はこちら 080-8217-5022(担当:尾形)

オンライン相談はこちら 相談フォーム
(オンラインは24時間相談受付中)

医療・健康相談員の
ご紹介

事務局次長
尾形 海子(おがた ひろこ)

お困りのこと、ぜひご相談ください。「医療機関からCTやレントゲン写真を借りたいが、借り方がわからない」ときや「監督署へ相談に行きたいが、どう説明したら良いかわからない」ときなど、現場で皆さんのお手伝いができればと思っています。

尾形海子


事務局次長
田口 正俊(たぐち まさとし)

お一人で悩まずに、ぜひご相談ください。以前、建設業の労働組合におりましたので、特に技能者や一人親方の方、ご自分の働いた履歴や元請の証明、労働者性があるかどうかなど、お困りの時にご支援できたらと思っております。

田口正俊


委託職員
斎藤 洋太郎(さいとう ようたろう)

母と妻が、労災患者です(脳卒中と脊髄損傷)。趣味は、日本を含む東亜の文化です。被害者・家族の人権を守りましょう。