2013年の「未来の命を救う アスベスト・キャンペーン」のご寄付を頂き、私たちは年2014年3月から「環境(既存石綿・廃棄)のページ」を充実させることと致しました。新しいページで、未来の石綿飛散が少しでも軽減できたら幸いです。

石綿含有建材に関する違法工事 110番 相談電話&メール

  • ご近所や、通勤・通学路などで見られる解体工事現場、店の改修工事現場などで、粉じんが大量に発生している現場はありませんか?
  • 解体工事を行う前には、アスベスト粉じんを発生させないために、アスベストが含まれる建材の事前調査が、法律で義務付けられています。
  • アスベストが含まれる建材の事前調査は、吹付けアスベスト以外にも、煙突の中に使用されているアスベスト、天井材や壁材などの内装材、屋根に使用されるスレート板や屋根瓦も含まれます。
  • このようなご心配のある方は
    TEL: 03-5627-6007
    もしくは info@asbestos-center.jp にメールでご相談ください。相談者・永倉が対応させていただきます。

「環境中で石綿濃度が10f/L以下だから安全」という誤解。私たちは許しません。

(4月以降に公開の予定です)
自治体や、報道機関の誤った説明があった場合に、訂正をしていただくページです。

環境Q&A

身近な環境の中にあるアスベストに関する疑問にお答えします。

リスク・コミュニケーションにより、石綿飛散の防止を行なった事例

過去の事例を順次掲載して参ります。

総務省評価の評価

(仮:アスベストセンター永倉による「行政評価書」に対する評価です。)

総務省評価の評価、もしくは反論

石綿含有建材調査者

石綿含有建材調査者制度に関する情報を、適宜提供するページです。

石綿含有建材調査者制度

自治体での石綿飛散防止対策の推進について

自治体での石綿飛散防止対策は、今後ますます重要です。 2013年中皮腫・じん肺・アスベストセンターは、自治体にアンケートを行いました。アンケート結果を元に、2014年2月永倉が東工大の石綿問題総合対策研究会で発表しました。

自治体におけるアスベスト対策に関するアンケート調査報告(PDF)

2014年2月2日 永倉冬史(中皮腫・じん肺・アスベストセンター)  西田隆重(神奈川労災職業病センター)

学校施設等での石綿使用状況の調査とアンケート

文部科学省「学校施設等における石綿含有保温材等の使用状況調査(特定調査)について(依頼)」とその後に当センターが実施した「2015年全国教育委員会アンケート調査」

2015年12月28日 中皮腫・じん肺・アスベストセンター 永倉冬史

違法業者一覧

2014年中に掲載開始予定です。ご期待ください。

廃棄物関連

アスベスト廃棄物問題について アスベスト問題において「最後の課題」とされるのが廃棄物問題です。

再生砕石

再生砕石のアスベスト混入問題