ホーム
マスクプロジェクト

神戸で募金活動—震災被災地の子どもたちにアスベスト用マスクを

NPO法人ひょうご労働安全衛生センター 西山和宏

 東日本大震災で被害を受けた被災地では、これから瓦礫の撤去や壊れた建物の解体工事が本格化します。私たちは、数十年後に、被災地においてアスベスト被害を発生させないために、マスクを届ける活動を開始しました。

神戸の写真

 4月29日、神戸・三宮において、被災地にマスクを届けるための募金活動を、スタッフ20名で取り組みました。約1時間半の活動でしたが、26,160円の募金が寄せられました。ありがとうございました。

 全ての募金箱に順番に入れてくださる方、「阪神大震災の時も大変だったもんね」と語ってくださる方、「頑張ってください」と声をかけてくださる方…。用意したチラシ(PDF)もアッという間に無くなりました。被災地の子どもたちにマスクを届けるため、引き続き活動を続けます。応援してください。